トップページ >  今さら聞けないNLPの基礎知識 >  NLPに用いられるメタファーとは?

公開日: |最終更新日時:

NLPに用いられるメタファーとは?

このページでは、NLPに用いられるメタファーについて解説します。

メタファーとは?

メタファーは、比喩表現によって相手に対して物事をわかりやすく伝える、表示物の視認性を高めるという手法です。元は文学・映画・デザインの分野で使われてきたテクニックですが、ビジネスシーンでも用いられるようになりました。

ある状況や現象を別のものとしてとらえるプロセスです。神話や伝説、民話や比喩などを使って語られているメッセージ・教訓を相手に気づいてもらうことができます。

相手に無理なくメッセージを受け取ってもらい、好ましい行動をとってもらうためにとても有効な方法です。

NLPにおけるメタファーの活用方法

NLPにおけるメタファーでは、人を動かすときに直接的に働きかけるのではなく、メタファーによって間接的に働きかけて成功に導く活用方法があります。プロジェクトメンバーに対して「頑張ろう」というだけでは相手の心には響きません。

しかし、頑張ったことに対して成果を得た経験やたとえ話をすることで、「頑張ろう」と伝えなくても自然と「頑張ろう」という気持ちを伝えたい、という自分の意思が相手に届くはずです。

さりげなく相手の行動をうながすことができるのが、メタファーなのです。

参照元:NLP-JAPANラーニング・センター(https://www.nlpjapan.co.jp/000133.html)

NLPの基礎知識を確認しよう!

NLPにおいてのメタファーは、重要な役割を担っています。一見するとメタファーを活用するのは難しく感じるかもしれませんが、直接的な言葉が自分が思っている以上に相手には届きづらいものです。

伝え方の工夫をする、という意味でメタファーを活用することで、相手にも自分の気持ちが伝わりやすくなるでしょう。また相手も意見を押し付けられている、高圧的な程度をとられている、というような意識をせずに話を受け入れてくれるため、良好な関係が気づきやすくなるのもメタファーを活用する意味の1つです。

下記ページでは、NLPの基礎知識を紹介しています。より知識を高めたい、まずは基礎知識を身につけたいという方は以下のページも参考にしてください。

>>NLPの基礎知識についてはこちら<<

関連している記事
【免責事項】このサイトは2010年10月時点の情報を基に作成しています。最新の情報については各スクールに直接お問い合わせいただけますようお願いします。