アメリカNLPの現状

全米NLP協会をはじめとして、現在のアメリカでは数百を超えるNLP団体が乱立しています。
その理由や、現在支持されている団体などを紹介してみました。

全米NLP協会など多くの団体がアメリカで乱立している理由

現在のアメリカには、NLPのセミナーを実施する団体が数百を超えて存在しています。
このように、多数の団体が乱立した理由を、説明しましょう。

NLPはもともと1970年代後半、言語学者のジョン・グリンダーと心理セラピストのリチャード・バンドラーの両氏によって共同研究されました。
しかし1980年代前半、バンドラーとグリンダー、そしてその傘下に集まっていた研究者たちが意見の違いにより分裂。
それぞれが独立し、活動をはじめるようになったのです。

また、少し複雑ではありますが、現在のアメリカには『米国NLP協会』という団体が、2つ存在しています。
ひとつは上記で記述したNLP創始者であるリチャード・バンドラー氏が率いるバンドラー派。
そしてもうひとつが、NLPスキルをもっと一般的に利用できるように体系化した、クリスティーナ・ホール女史によるホール派です。
この二人は、かつては師弟関係でしたが、こちらも仲たがいし分裂。

このように団体が分裂に分裂を繰り返し、現在のアメリカではNLP団体が数百を超えてしまったのです。

ちなみに、バンドラー派とホール派の両派が『米国NLP協会』を名乗ることが問題となり、アメリカ本国で裁判がおこなわれました。

その結果、勝者は弟子であったホール派となり、バンドラー派は団体の名称変更を強いられているとか。その行方が、全米で注目されています。

現在のアメリカで支持を集める3大NLP

最近、以下の団体が3大NLPとされ、アメリカでは絶大な支持を集めています。

  1. 全米NLP協会タッド・ジェームスカンパニー(タッド・ジェームス創設)
  2. NLPコンプリへンシブ(コニリー・アンドレアス&スティーブ・アンドレアス創設)
  3. NLPユニバーシティ(ロバート・ディルツ創設)

3大NLPの創設者たちは、いずれも創始者のグリンダー氏またはバンドラー氏の教えを、なんらかの形で仰ぎ進化発展させてきました。

例えば全米NLP協会のタッド・ジェームス氏は、『タイムライン・セラピー』を開発しました。
これは、NLP創始者のリチャード・バンドラーのテクニックを応用した、夢を実現するのに効果的なスキルです。

また、NLPコンプリへンシブのコニリー・アンドレアス女史は、「コア・トランスフォーメーション」を開発。NLPに関する著書も多く出版しています。

NLPユニバーシティのロバート・ディルツ氏は、「ニューロ・ロジカル・レベル」を開発。新世代NLPあるいは第3世代NLPとして話題を集め、世界のNLP界に大きな影響を与えました。

残念なことに、アメリカでは現在は創設者が率いる団体の人気は、低迷しているようです。