トップページ >  まずは試そう!NLP実践講座 >  自分で出来るNLP実践法

自分で出来るNLP実践法

このページでは、手軽に実践でいるNLPの学習法を紹介しています。

目標達成のための3ステップ

NLPの理論体系は奥が深いので、もちろん全てをお伝えできるわけではありませんが、その中でも比較的実践しやすいものがあります。NLPで目標達成を確実に成し遂げるための方法論です。

  1. パワーアップクエスチョン
  2. チェーンプロセス
  3. アフォーメーション

の3ステップとなります。

これからその内容を解説しますが、解説だけではなかなか伝わらないことも多くあります。まずはご自分なりにトライしてみて、ステップを実感していただくことくらいはできると思います。しっかりと習得されたい方は各スクールのセミナー等でトレーナーさんに教授してもらってください。

第1のステップ「パワーアップクエスチョン」

まず第1のステップ、「パワーアップクエスチョン」ですが、例えば…

  • 「今、私の人生で何が幸せだろう?」
  • 「今、私が楽しんでいることは何だろう?」
  • 「今、私は誰を愛しているだろう?」

といった、自分をパワフルな気持ちにさせてくれる質問をすることです。

そこに、目標実現をサポートする質問を付け加えます。

  • 「○○を達成するためには、今日一日どのように過ごせばよいだろうか?」
  • 「今日1日、何を成し遂げれば、“目標にむけて前進している”と満足した気持ちでベットに入ることができるだろうか」

といった質問を自分に投げかけてみてください。

第2のステップ「チェーンプロセス」

第2のステップでは、「チェーンプロセス」を行います。

「チェーンプロセス」とは、まず最初に目標を期日とともに設定します。そして、目標達成までの時間をタイムライン上に描き、現在、ステップ1、ステップ2、ステップ3、ゴールのポイントを等間隔で設定します。

そして、それぞれのポイントでその時の自分をじっくり体験し、ゴールに向けて何をすればいよいかを確認しながら、目標を達成したときの感情や体感を強く想像します。

何度も目標までのステップを体験することで、最終的には、「目標はかならず実現できるんだ」という確信を感じることができます。

そして毎日、同じ目標に対して「チェーンプロセス」を繰り返し行うことが大切となります。

第3のステップ「アファメーション」

第3のステップは、「アファメーション」で、自分をパワフルな状態にするための言葉がけを行います。例えば…

  • 「私は、目標達成のために必要なリソースをすべて持っている。」
  • 「私は、毎日、目標達成に向けて着実に進んでいる。」
  • 「私は、目標達成のための行動を楽しんでいる。」

心の中でアファメーションを唱えてもいいですし、声に出して言ってもかまいません。唱える回数は10回~20回くらい。アファメーションを文字として書くことも良いとされています。

上記の3つのステップを毎朝、行います。可能であれば、アファメーションを日中に何度でも行ってください。

一日をスタートする段階でこの3つのステップを行うと、とてもパワフルな状態で一日を始めることができます。それにより生産性が向上し、忙しい方でも、目標達成のための時間を確保できるようになるでしょう。

>>学習効果で比較した各種セミナー情報はこちら<<