トップページ >  NLPの効果を検証 >  行動を生み出すはじめの一歩

行動を生み出すはじめの一歩

「今からできるはじめの一歩は何ですか?」

NLPとはあなたの行動を促すスキルもあります。その為に大きな意味を持つのが「はじめの一歩」です。「はじめの一歩」を踏み出すことで、自信やセルフイメージが高まり、行動の循環が生まれ、心理的な障壁が低くなります。その為に行なうシンプルな質問の仕方があります。

実はそれが冒頭でお話した質問になります。行動を生み出したい時に大切にしたい質問です。もちろん、いつでも行動できるタイプの方には必要がないかもしれません。
しかし、NLPを名古屋で学んだ、女性の経営者さんは言います。美容関係のお仕事をしていますが、女性スタッフが多いそうです。
行動を躊躇するスタッフや行動するまでに時間のかかるタイプのスタッフさんもいるそうです。

NLPプラクティショナーで学ぶ「はじめの一歩」の質問スキルとは、あなたが行動力に長けているとしても、周りに大切な人や仲間の行動を無理なく促すことのできる質問のスキルなのです。
では、ところで、どうして「はじめの一歩」を踏み出すことが大切なのでしょうか?誰もが知っているあたり前のことですが、ご紹介していきます。

NLPを名古屋で学ぶ活用している女性経営さんは次のように解釈しているそうです。

  • 行動することで、行動を妨げていた心理的なストレスを手放すことが出来る
  • 一歩を踏み出すことで、勢いがつき2歩目は楽になる
  • 自信がなかった方が行動することで、自信になり、自己認識が変わる⇒自己認識が変わると、セルフイメージが高まる
  • 行動することで、人生に流れが生まれる

などです。

ですので、NLPプラクティショナーで学ぶ「はじめの一歩」は有効なのです。最後に、名古屋でNLPを学んだ女性経営さんが使っている「始めの一歩」の質問の仕方をご紹介していきます。

「もし出来るとしたら、今からできることは何だろうか?」
「もし仮に、いまからできる一歩があるとしたら、それは何だろう?」

NLPプラクティショナーで学ぶ「はじめの一歩」のお話でした。是非、お試し下さい。