トップページ >  NLPの効果を検証 >  イメージをする簡単な方法

イメージをする簡単な方法

NLPは脳の取扱説明書とも言われています。そして、NLPでもビジネス書でも心理学でも、望んでいる結果をイメージすることの力について、多くの角度から教えてくれています。イメージはしないよりもした方がいいということになります。
ところでイメージをする時に、下記のようなケースが有るかと思います。ですので、今回は、NLPを名古屋で学んだキャリアウーマンさんのお話から学んで行きましょう。

  • イメージしようとしても浮かんでこない
  • どうしたらイメージできるのか知らない
  • 疲れていると、イメージが浮かびにくい
  • より鮮明にイメージする方法を知りたい
  • いつの間にか別のことを考えてしまう

NLPを名古屋で学んだキャリアウーマンさんは、次のように教わったそうです。脳は言葉をイメージするNLPを名古屋で学んだ女性は、営業職です。そんな彼女にNLPトレーナーさんはセミナーの中で質問しました。「お客様が喜んで、◯◯さんありがとう!」と話しかけている姿をイメージしないで下さい。皆さんは関係ないのにイメージをしてしまったのではないでしょうか?

脳は言葉をイメージしますそして、質問するとそこにフォーカスする性質があります。ですので、自分に適切な言葉で質問をすることで、イメージをすることができるようになります。これがシンプルですがイメージをする方法です。そして、疲れている時ですが、質問をしてもイメージできない時があります。そんな時、NLPを名古屋で学んだ女性はイメージすることを手放して、リラックスするそうです。すると勝手にイメージが湧いてきたり、湧いてこなくてもリラックス状態で質問をすることでイメージを鮮明にすることができるそうです。

実は、このリラックスは、より鮮明なイメージをするコツでもあります。言葉、質問、リラックスを活用することは大きな財産になります。