早分かりNLPの歴史

このページでは、40年にわたるNLPの歴史と、その指導者について解説します。

NLPのはじまり

NLP(神経言語プログラミング)は、1970年代中頃、アメリカのカリフォルニア大学で言語学の助教授をしていたジョン・グリンダーと、同大学の心理学部の学生であったリチャード・バンドラの二人によって開発されました。

当時のアメリカは、ベトナム帰還兵のPTSDによる心身の病が深刻な社会問題になっていました。そうした中、ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ博士、家族療法のバージニア・サティア、催眠療法のミルトン・H・エリクソン博士の3人が心理療法を使った治療で大きな成果を上げていたそうです。

ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラは、この「3人の天才セラピスト」の何がそんなにも高い治療効果を生みだしているのかを研究しました。

3人は全く異なる治療スタイルを行っていましたが、ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラは3人のセラピーを分析していくうちに、いくつかの共通点を発見し、それらを体系化することでNLPの基礎を築きあげました。

1980年には、ジョン・グリンダー、リチャード・バンドラ、ロバート・ディルツ、ジュディス・ディロージャの4人の共著「Neuro-Linguistic Programming vol.1」が出版され、NLPは世界に広く知られるようになりました。この4人は「NLP四天王」と呼ばれ、第1世代NLPを築きあげた人物として有名です。

第2世代

1980年代後半になると、NLPは第2世代に入り、個人を対象として治療分野だけでなく、交渉、セールス、教育、健康面などの分野で、他者とのコミュニケーションツールとしても活用されるようになりました。

信念、価値観、メタ・プログラムなどのより高いレベルの研究が行われ、タイムライン、サブモダリティー、葛藤の統合、ディズニー戦略、スイッシュパターンといったような、顕著なテクニックを使用するものへと発展してきました。

第3世代

1990年代以降、NLPは第3世代へと発展していきます。このころのNLPは、システム全体的な見解を取り入れ、アイデンティティ、ビジョンやミッションに関連する項目や相互作用、自己啓発といったような、より高いレベルに着目するようになり、適用範囲も、組織や文化などへと広げていきました。

このころ使用されたテクニックは、「第4のポジション」いわゆる「We」ポジションとして知られているシステム全体的な見解を「フィールドをベース」とした原則を取り入れるようになりました。

NLPの前提の中で、mind、bodyにfieldを加え、「心と身体と場は相互に作用し、システムの一部の変化が他の部分に影響を与える」として、心・身体・場の3つをシステム的にとらえるようになったことが、第3世代NLPの特徴といえます。

この第3世代NLPを代表する人物としては、タット・ジェイムズ、ロバート・ディルツ、タマラ・アンドレアス、コニリー・アンドレアスなどが挙げられます。実は、日本で紹介されているNLPのほとんどが旧世代のもので、世界の最先端をいく第3世代NLPは日本ではあまり紹介されていないのが現状なのです。